太陽光発電の現状とトラブルの増加

onsen02_lソーラー発電は初期投資こそかかるもののエコや節約になるということ、そして地域の補助金もあることから非常に今人気で普及しています。
しかし普及と共にトラブルも急増しています。
多いのがずさんな設置によるトラブルです。
普及に伴って新規で参入する設置業者もかなり多くなってきています。
大半は誠実な業者なのですが、あまり設置に関するノウハウなどもないのに設置をしたせいでパネルが落下してしまうこともあるのです。
そして落下まではいかなくても設置の方法が悪いとパネルが壊れてしまうこともあるのです。
ソーラー発電にはメーカーの保障があります。
しかし設置の仕方が悪くて故障した場合にはメーカーの保障の対象外になってしまうのです。
こうなった場合には設置業者のほうに損害賠償を請求することになりますが、もう設置業者が廃業してしまいますと訴えたくても訴えられなくなるのです。
ローンを組んでまで設置した場合には壊れた後もローンの支払いをしなければいけなくなります。
通常であればそらー発電により節約できた分をローンの支払に充てられるのですが、それもできなくなってしまうのです。
ですのでこのようなトラブルに巻き込まれないためにもいい設置業者を選ばなければいけません。