雨漏りの修理費用は保証してもらえない場合がある

原子力や火力に変わる発電として、現在注目を集めているのが自然エネルギーからの発電です。
その中でも太陽の光を利用した発電は一般家庭でも行うことが出来るものとして設置を考えている家庭も増えています。しかし、一方で急激な需要の高まりと共に増えているのが施行トラブルです。
中でも、屋根に設置するソーラーパネルによって雨漏りをするようになってしまったというトラブルが後を絶ちません。
原因は様々ですが、業者側の屋根や住宅に関する知識不足や施工に関しての経験が不足しているなどが要因となっていることは間違いありません。
しかし、明らかに業者側の手落ちだとしても、ソーラーパネルの設置工事が原因で起きたトラブルに対して修理費用が保証されないことが多々あります。
これは機器のトラブルに関しての保証はメーカー側がしているのに対して、設置部分のトラブルに関しては施工業者が責任を持つということがほとんどだからです。
施工業者の中にはソーラーパネル設置後の屋根トラブルに関して保証を全くしないところもあり、そうしたところに頼んでしまうと修理費用などは全て自腹となってしまいます。
ですから、トラブルを防ぐためには施工業者を選ぶ際に、工事内容、保証内容、アフターケアなどを利用者側がしっかり確認をすることが重要なのです。

コメントは受け付けていません。