雨漏りするようになった

ソーラー発電を設置したことが原因で雨漏りをすることもあります。
ソーラー発電のモジュールを屋根に設置するときに起こりやすいのですが、設置のときにはモジュールが落ちないようにするために屋根に穴をあけて釘を刺して設置することも多いのです。これが原因で穴から雨水が入ってしまい漏れてしまうのです。
しかしこれに関してはきっちりとした工事をすれば漏れることはないのです。
屋根にキズを付けることなく設置する方法などもあります。
まだ設置の技術が未熟なソーラー発電設置業者の場合によく起こることです。
一度漏れてしまいますとまた修繕をするのは大変になります。モジュールを外したり、屋根裏から修繕をしなければいけなくなるからです。
ですので業者選びをするときには経歴がどれだけあるのかについてちゃんと調べることが大事です。
トラブルが起こってからでは遅いのです。
また漏れる場合にはその設置業者の法に修繕をしてもらうか損害賠償金をもらうようにしてください。
アフターフォローもしているところでしたらきっちりと対処をしてくれるはずです。もしもそれさえもしてくれないところでしたらかなりの悪徳な業者ということになります。裁判を起こす必要があります。

コメントは受け付けていません。