‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

発電機機は永久ではない

2014/06/11

いま、太陽光による発電というのを一般家庭につけることが増えています。
これは、エコの観点でとても有効ですし、設置費用のことを考えますと、最初はかなり大きな出費となりますが、
それも分けて支払うことができますし、後々取り戻すことができるので、設置している世帯が多いのです。

しかし、それは永久ではありません。
やはり毎日外に置いてあるものですので、どうしても劣化してしまうということは否めません。
そうなりますと、交換をすることになりますが、それまでの期間というのはやはり気候などの状況によってもそうですし、さまざまなことがかかわってきますので、幅があります。
しかし、20年ぐらいは持つといわれています。

その際、また変えなければなりませんが、どちらにしてもマイナスになることは少ないという計算になります。
またオール電化にするということになるのですが、プランもオール電化プランとなり、ガスがなくなりますのでその分料金的に月々の支払が安くなります。
光熱費というのは、家族が多くなれば多くなるほど増えますが、太陽光の発電というのはそういう意味でかなり効果的です。
また自然のもので対応するというところに、本当の意味があります。

雨漏りの修理費用は保証してもらえない場合がある

2014/06/11

原子力や火力に変わる発電として、現在注目を集めているのが自然エネルギーからの発電です。
その中でも太陽の光を利用した発電は一般家庭でも行うことが出来るものとして設置を考えている家庭も増えています。しかし、一方で急激な需要の高まりと共に増えているのが施行トラブルです。
中でも、屋根に設置するソーラーパネルによって雨漏りをするようになってしまったというトラブルが後を絶ちません。
原因は様々ですが、業者側の屋根や住宅に関する知識不足や施工に関しての経験が不足しているなどが要因となっていることは間違いありません。
しかし、明らかに業者側の手落ちだとしても、ソーラーパネルの設置工事が原因で起きたトラブルに対して修理費用が保証されないことが多々あります。
これは機器のトラブルに関しての保証はメーカー側がしているのに対して、設置部分のトラブルに関しては施工業者が責任を持つということがほとんどだからです。
施工業者の中にはソーラーパネル設置後の屋根トラブルに関して保証を全くしないところもあり、そうしたところに頼んでしまうと修理費用などは全て自腹となってしまいます。
ですから、トラブルを防ぐためには施工業者を選ぶ際に、工事内容、保証内容、アフターケアなどを利用者側がしっかり確認をすることが重要なのです。

初期費用が回収できるとは限らない

2014/06/11

初期費用を早期に回収することがシステム導入の成功のカギを握るわけですが、業者の言い分どおりに初期費用を回収できるとは限りません。システムを設置するにあたっては、ほとんどの人がその地域の発電シュミレーションを業者から提示されます。しかしその結果をうのみにしてしまうのは危険です。発電には地形や気象条件などがかなり影響します。同じ地域でも少し離れただけで発電量に違いが出るのはよくある話なのです。太陽光パネルに影を落とす高い建物や電柱、樹木が周囲にあるだけでも発電量に違いがでてしまいます。インターネットなどで簡単に発電量の予測ができるものもありますが、それでは地域が広すぎて正確な数字を導き出すことは不可能です。
さらにシステムの故障も考慮しなければなりません。パネルも周辺機器も工業製品であるからには故障する可能性は常にあります。特に気をつけなければいけないのが周辺機器です。パネルのように単純な構造ではないので早期に故障する可能性は捨てきれません。ある程度の保証期間は付いていますが、25年から30年とされるパネルの寿命を考えると、その間に1,2度は修理、交換する可能性があるということは覚悟しておかなければいけないのです。
したがってあとで後悔しないためにも、システムを導入する際はこれらの点についてもよく考慮しておきましょう。

業者任せにしない

2014/06/11

近年ますます増えているのが、この太陽の光で発電するソーラー発電です。街を歩いていると、あちらこちらに屋根の上のソーラーパネルが目に入ってきます。
機種やメーカーは様々で、設置の仕方もいろいろです。また、メーカーによっては発電能力や価格そして耐用年数違いが有ります。ソーラー発電といえば、たいへん高額な資金が必要となりますので、設置してくれる業者さんと事前によく相談することをお進めします。また、複数のメーカーからパンフレットや資料などを取り寄せて、機能や性能などを十分チェックするのもいいでしょう。
さらに、ソーラー発電を設置してあるご近所や知り合いのお宅で、設置状況などをよく聞くなどして情報を収集してください。
また、資金の余裕が有るようであれば、ソーラー発電と同時にエコ給湯やIHクッキングシステムを備え付けてオール電化も視野に入れるといいでしょう。
しかし、最近ではソーラーシステムの需要が増えては来てますが、その性能が若干落ちてきています。それは、ソーラーパネルに使用する資源が無くなりつつ有るからです。性能と価格にも十分チェックが必要になります。
ソーラー発電はとてもお金が掛かるのでよく考えて設置してください。

設置後のフォローをしてもらえない

2014/06/11

ソーラー発電を設置した後で後悔をしないためにはきちんとした設置業者選びをする必要があります。
最近ではソーラー発電業者はアフターフォローを付けてくれることが多いのです。
もしも何かソーラー発電に不具合があったときには無料で修理などをしてくれるというものなのです。
ソーラー発電というのは節約のために設置するものですので、最低でも設置費用を回収できるまでは壊れてはいけません。
ですのでアフターサービスは必要になるのですが、これがあくまでも会社が存続してこそのサービスなのです。
もしも会社が倒産してしまいますと6年保障でも10年保障でもついていたとしても保障は受けられなくなってしまうのです。
ですのですべての初期費用を回収するまでの間つぶれない会社で設置してもらう必要があります。
鳴り物入り業界に入ってきた会社よりも老舗のところでしてもらうのが安心です。
長く経営をしているところはそれほど普及していない時から設置業務をしていますのでかなりノウハウなどもしっかりとしていますし、会社がつぶれるリスクも少ないのです。
よく考えてから業者選びをしなければいけません。
あとになってから後悔をしても泣き寝入りになってしまいます。

屋根下地の結露

2014/06/11

屋根下地の結露が問題になっています。暖かい部屋と外気の間にある屋根下地は、温度差により湿度が高くなり易い場所になります。高湿度の発生は、屋根下地の腐食を早めます。そして、住宅の寿命を短くします。屋根下地の湿度の発生を抑えるには、風通しをよくする必要があります。また、屋根に太陽光パネルを設置した場合は、屋根の裏側がパネルの日陰で温度が低くなります。そして、屋根下地に水滴が発生し易くなります。

このような、屋根下地の水滴の発生を抑える工夫が必要になります。水滴は、部屋の暖かい温度が外の冷たい温度に振れると発生し易くなります。そして、温度差が大きければ大きいほど、水滴の発生量は増加します。したがって、太陽光パネルを設置する場合には、更に、温度差が大きくなる傾向がありますので、屋根下地の温度さ温度差を軽減するように、風通しをよくする必要があります。風通しがよければ空気の対流が生じ、温度差を緩和できると言う点と、湿度を空気の対流により和らげることが出来ます。換気を良くし湿度を低くするためには、小屋裏換気口を設け、換気口の面積を大きくします。また、ファンなどを回し、強制換気を行うことで、湿度を下げる工夫をする必要があります。

パネルから雪が滑り落ちて危ない

2014/06/11

ソーラーパネルを屋根に設置した場合に、雪がパネルから滑り落ちて怪我をするというトラブルが多発しています。
パネルの普及に伴い、トラブルも年々増加しており、12月~3月にかけてが大変多くなっています。
このトラブルを未然に防止するために、屋根から滑り落ちないようにするための商品も販売されています。
これからパネルを設置するのであれば、トラブルを防ぐためにも設置前に対策を撮っておく必要があります。
例えば設置する際に設置角度をきつめに設定しておいたり、積もってしまったものを融かす装置を設置しておくなどです。
また、融けて落ちてくる場所が危険な場所にならない位置に設置することや、落下場所に人が立ち入らないように柵をしておくなどといったことも有効です。
また、屋根の瓦自体に機能が備わったものもあります。
トラブルの内容は、人だけに及ぼすものだけではなく、車などの物損にもつながります。
その場合、補償の問題も絡んでくることになり、大変厄介なことになりかねません。
事故を未然に防ぐということは大変重要なことであり、また必要なことでもあります。
既に設置済みの場合でも、パネルの設置業者や施工者などとも相談して事故を起こさないための措置を検討する必要があります。

雨漏りするようになった

2014/06/11

ソーラー発電を設置したことが原因で雨漏りをすることもあります。
ソーラー発電のモジュールを屋根に設置するときに起こりやすいのですが、設置のときにはモジュールが落ちないようにするために屋根に穴をあけて釘を刺して設置することも多いのです。これが原因で穴から雨水が入ってしまい漏れてしまうのです。
しかしこれに関してはきっちりとした工事をすれば漏れることはないのです。
屋根にキズを付けることなく設置する方法などもあります。
まだ設置の技術が未熟なソーラー発電設置業者の場合によく起こることです。
一度漏れてしまいますとまた修繕をするのは大変になります。モジュールを外したり、屋根裏から修繕をしなければいけなくなるからです。
ですので業者選びをするときには経歴がどれだけあるのかについてちゃんと調べることが大事です。
トラブルが起こってからでは遅いのです。
また漏れる場合にはその設置業者の法に修繕をしてもらうか損害賠償金をもらうようにしてください。
アフターフォローもしているところでしたらきっちりと対処をしてくれるはずです。もしもそれさえもしてくれないところでしたらかなりの悪徳な業者ということになります。裁判を起こす必要があります。

シュミレーションより発電量が大幅に少ない

2014/06/11

太陽の光エネルギーと言うのは、地域や季節によりエネルギー量と言うものが変わってきますので、1年間の発電量を比較していくことが大切なのです。
特定の地域を基準にするのではなく、自分の住んでいる地域の1年間の発電量の平均を知ることと、家に発電設備を設置した場合のシュミレーションを行い、発電量を比較します。
この時、発電量が大幅に少ないと言う事もあります。

住宅の屋根と言うのはそれぞれ方角や角度があります。
南に向いている屋根もあれば、西や東に向いている屋根もあるわけです。
屋根の角度についても、30度、35度、26度と言う具合に、様々です。

一般的に、基準とされる発電量と言うのは、住宅の屋根の向きが南、屋根の傾斜角度を30度、日照時間などを加味して計算が行われています。
そのため、発電量が大幅に少ないと言うケースも出てきます。
天候によっても発電量は左右されてきます。

しかしながら、業者に事前に調査して貰ったのにも関わらず発電量が大幅に少ないのでは困ります。

発電量は、業者が事前に調査をして提示しているものですが、後々のトラブルの事を考えて少ない発電量で提示しているケースが多いわけです。
しかし中には、意図的に大き目に発電量を提示する業者も存在していると言われており、トラブルの原因にもなっているのです。