シュミレーションより発電量が大幅に少ない

太陽の光エネルギーと言うのは、地域や季節によりエネルギー量と言うものが変わってきますので、1年間の発電量を比較していくことが大切なのです。
特定の地域を基準にするのではなく、自分の住んでいる地域の1年間の発電量の平均を知ることと、家に発電設備を設置した場合のシュミレーションを行い、発電量を比較します。
この時、発電量が大幅に少ないと言う事もあります。

住宅の屋根と言うのはそれぞれ方角や角度があります。
南に向いている屋根もあれば、西や東に向いている屋根もあるわけです。
屋根の角度についても、30度、35度、26度と言う具合に、様々です。

一般的に、基準とされる発電量と言うのは、住宅の屋根の向きが南、屋根の傾斜角度を30度、日照時間などを加味して計算が行われています。
そのため、発電量が大幅に少ないと言うケースも出てきます。
天候によっても発電量は左右されてきます。

しかしながら、業者に事前に調査して貰ったのにも関わらず発電量が大幅に少ないのでは困ります。

発電量は、業者が事前に調査をして提示しているものですが、後々のトラブルの事を考えて少ない発電量で提示しているケースが多いわけです。
しかし中には、意図的に大き目に発電量を提示する業者も存在していると言われており、トラブルの原因にもなっているのです。

コメントは受け付けていません。