屋根下地の結露

屋根下地の結露が問題になっています。暖かい部屋と外気の間にある屋根下地は、温度差により湿度が高くなり易い場所になります。高湿度の発生は、屋根下地の腐食を早めます。そして、住宅の寿命を短くします。屋根下地の湿度の発生を抑えるには、風通しをよくする必要があります。また、屋根に太陽光パネルを設置した場合は、屋根の裏側がパネルの日陰で温度が低くなります。そして、屋根下地に水滴が発生し易くなります。

このような、屋根下地の水滴の発生を抑える工夫が必要になります。水滴は、部屋の暖かい温度が外の冷たい温度に振れると発生し易くなります。そして、温度差が大きければ大きいほど、水滴の発生量は増加します。したがって、太陽光パネルを設置する場合には、更に、温度差が大きくなる傾向がありますので、屋根下地の温度さ温度差を軽減するように、風通しをよくする必要があります。風通しがよければ空気の対流が生じ、温度差を緩和できると言う点と、湿度を空気の対流により和らげることが出来ます。換気を良くし湿度を低くするためには、小屋裏換気口を設け、換気口の面積を大きくします。また、ファンなどを回し、強制換気を行うことで、湿度を下げる工夫をする必要があります。

コメントは受け付けていません。